2014年2月4日火曜日

妙好人

妙好人(みょうこうにん)


今回は他力の話題です。

禅について学ぶ過程で妙好人と呼ばれる仏教徒がいることを知り、妙好人に惹かれる人も多いのではないでしょうか。


妙好人とは、柳宗悦のことばを借りれば、「念仏系の仏教に美しく開いた花の如きもので、一切の念仏の教えが、ここに活きた姿となって現れているとも言える....。...白い蓮華のような浄(きよ)らかな信心を、篤く身につけた信徒たちを讃えて呼ぶ言葉なのである。」

左の写真は、岩波文庫「柳宗悦 妙好人論集 寿岳文章編」です。妙好人についての多くをこの書から学びました。同時に、彼の著作が魅力的であることも知りました。

この本では、妙好人に関する文献をいくつか紹介していますが、現在は入手が容易ではないものが多いようです。

妙好人の本場は名古屋や北陸方面、九州や山陰地方です。最北では北海道から文右衛門という妙好人が出ているようです(近代デジタルライブラリ:法蔵館発行「妙好人傳全集 今昔の巻 第二編)が、地元宮城が妙好人を輩出したという記録は見つけられませんでした。もっとも近いところで山形県の最上に弥左衛門という妙好人がいたようです(後述の「妙好人を語る」P9の羽州弥左衛門)。


宮城ではあまり知られていない(と思う)妙好人も、上述の地方では普通に小学生でも知っているのではないでしょうか。菩提寺では地元の妙好人を追慕した行事があり、銅像が建てられ、生家を保存しているところもあるようですから。

これまで、各地にある著名な禅僧ゆかりの寺をいつか訪れたいと思っていましたが、妙好人にまつわる様々な場所を訪れるという旅も負けず劣らず魅力的に思えます。


参考

妙好人が初耳という方のために幾つか紹介します。

上記「妙好人論集」で柳宗悦が強く推奨している「市太郎語録」という本があります。自分が探した範囲では書籍として入手できる情報が見あたりませんでした。

しかし、真宗大谷派専念寺のサイトにこの本からの引用がいくつかありました。

http://www.sennen-ji.jp/hougo.html


2014年2月4日現在、このサイトはお寺のホームページからのリンクをたどれないようですので、上記リンクで直接アクセスしてください。大きなサイズのページなので、ブラウザのメニューにあるページ内部の検索エンジンに市太郎語録と入れて探すと楽に見つかります。


左の写真は広く知られる、鈴木大拙著「日本的霊性」の岩波文庫版です。全256ページのうち60ページ以上を妙好人の紹介に割り当てています。







これは日本放送出版協会発行、楠恭(くすのききょう)著「妙好人を語る」です。著者は、妙好人研究家と紹介されており、柳宗悦は著者の師であったとあります。





こちらは、妙好人を輩出する念仏教について紹介しています。
柳宗悦著「南無阿弥陀仏」です。

カバーには「柳宗悦晩年の最高傑作であり、格好の日本仏教の入門書である」と謳われています。

妙好人について広い視点から理論的分析を加えている記事がサンガ出版の「サンガジャパンvol.13」にあります。

『「妙好人」源左は預流果に悟っていたか」副題「悟りとその表現のズレについて」を、誓教寺の藤本晃住職が書いています。



Google等の検索エンジンで見つかる情報もありますが、これらの書籍や以下に紹介するサイトに出てくる妙好人の名前を入れて検索すると、検索が容易になるようです。

例えば「まほろば自然博物館ポータルサイト」

http://www3.ocn.ne.jp/~h-kimm/sub22.html

にある「讃岐の妙好人・庄松さん」は膨大なものです。


書籍でありながら無料で読める近代デジタルライブラリーがあります。


「信者めぐり : 三田老人求道物語」

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/909325


「妙好人伝」というキーワードを

http://kindai.ndl.go.jp/

に入れれば、幾つもの「妙好人伝」が表示されます。


「庄松ありのままの記」をキーワードにすると3つ表示されますが、古文書のような書体で書かれているため、その方面の素養がないわたしは読むのに四苦八苦です。


悟りに至る道さまざま
聞法(もんぽう)

ひとことで言うと妙好人は、在家で悟った念仏宗の人、になりそうです。禅宗で言えば悟りに達した居士(出家していない修行者)にあたるのではないでしょうか。

妙好人は坐禅や瞑想はしません。説教を聴いて(聞法(もんぽう)という)信心を得る(悟りに達する)のです。どのように聴くのかについては、上で紹介した本を読んでもらうのが早いでしょう。ひとつだけ紹介しますと、

何度同じ事を聞いても、まるで初めて耳にするように、珍しく新鮮に聞こえるように聞く

のだということです。

長年にわたる厳しい坐禅(瞑想)修行の末にやっと悟りに達するのだと理解していたのですが、法話などを聴くだけで悟りに達するものなのでしょうか?

それについて、2500年前のお釈迦様の頃の話に参考になるものがありました。



例えば、サンガ出版発行片山一良著「ダンマパダを読む」『ブッダの教え「今ここに」』には、お釈迦様が説く教えを聴いて悟りを得た、という話がたくさん出てきます。例えばP181の「サーリプッタとモッガッラーナの入団」の項では、


---------
ウパティッサ遍歴行者(後の舎利弗、サーリプッタ長老)はアッサジ長老が唱えた、

諸法は因より生起するもの  如来はそれらの因をまた
それらの滅をも説き給う    大沙門はこう説き給う(『律蔵』大篇)

という句を聞いて直ちにその意味を理解し、預流果の覚りを得ました。
---------

とあります。

心の深い迷いに突き動かされて、それを打開する鍵を必死に探し求めつづけた者が、ツボにはまった説教を聞けば、それだけで悟りに達することがあるのだ、ということではないでしょうか。

また臨済禅の独参で老師に公案という疑問の種を出され、答えを(自分の中に)探し求めて苦しむ参禅者と比較すれば、例えば死について悩み安心(あんじん)を得るために諸方を旅し諸寺をまわって聞法し、他の妙好人や善知識と呼ばれる僧の言葉を探し求める真宗信者には共通点があるようにも思えます。


慈悲

慈悲深さも妙好人の魅力です。妙好人因幡の源左(げんざ)には彼の慈悲深さを示すお話がいくつもあります。以下、上出の「妙好人を語る」の中から、

---------
 やね牛(気性が荒く、角で突くなど反抗して仕事をせぬ牛)は源左に直してもらえと人々はよく言いました。荒れて乳をしぼらせぬ牛でも、源左がしぼると牛は機嫌よくしぼらせました。荒れて働かぬ牛でも源左のところへ四、五日預けると、ちゃんと働くようになったといいます。

 あまりに不思議なので、人が「どうしたら直るのか」と尋ねると、たいてい牛を叱って酷(むご)く扱うからそうなるのだというのです。源左のやり方はまず牛が来ると一、二日牛の好きなようにさせておき、夜は牛と一緒に寝て夜通し撫(な)でてやりながら人間に対するごとく法話を聞かせて、念仏を称えながらよく諭(さと)してやる。それを二、三日すると、たいていは直るというのです。今までとは見違えるように素直になるというのです。
 源左は「性のきつい牛だって憎まずに可愛がってつかんせい。叱って酷うするけれひねくれるだがやあ」と言います。
..............
 源左の菩提寺の山根の願正寺と親類筋の尾崎益三氏の話によると、源左は毎年一、二度は尾崎家へ来ました。来ると足を洗い、すぐ仏間に入ってお詣りし、それから家の者一人ひとりに挨拶をしました。
 来る時には家の方々にはもとより、使用人にも土産物を持ってきました。土産物は竹の皮に包んだ熊の肝でした。また犬や猫や鶏や池の鯉や金魚に至るまで何か手土産を持って来ました。たいていは蒸芋(むしいも)でした。裏庭の池に行って鯉を見ると、「今年もまたまめで(元気で)会えたなあ」といかにも嬉しそうに言って土産物を与えました。また裏の松の老木やいちょうの大木のところへ行って、木に向かって何か親しげに話しているのを見たというのです。
---------
人を信じるので時折だまされ、随分ひどい目にも遇いましたが、その解決は源左爺さんでなければできないもので、人に傷がつかぬように計らいました。爺さんは実によく人を助けました。しかしそれを自慢したことは一度もありませんでした。村で何かいさかいが起きると、爺さんはよく呼ばれました、不思議に丸く納めてしまいます。全く仲裁の名人でした。
--------
「一人の女が田の草をとっていた。畦(あぜ)で赤ん坊が声をあげて泣いていた。これを見て源左は『ややも泣いとるに、はよう乳呑ましてやったがええがのう』。女『ここだけは取っておかぬと、あした手づかえが来るで、もうちょっと、もうちょっとと思ってやっとるだに』、源左『よしよし、それじゃおらが代わりにその草を取ってさんしょうかいの。はよう行んで乳呑ましてやんなはれ』、そう言って源左は草を取り始めた。「そうしてもらえば助かるがやあ。そんならお爺さん、あとは頼むけんなあ』、女はそう言って赤ん坊に乳を呑まし始めた。
 晩になって心配した源左の家の者が探しに来ると、しきりと草を取っている。『お爺さん、他人(ひと)の田んぼの草まで取らんでもええがなあ』、すると源左は『そがあに気の小さいことを言わんでもええ。仏さんのお心の中には、おらあげの(自分のもの)、他人(ひと)げいの(他人のもの)という区別はないだけのう』、そう言って取り終わってから家に戻った」
--------

わたしは宮沢賢治を思い出しました。こうした妙好人の慈悲深さはたいへんわかりやすく心にしみます。何事についても突き放した表現をするがゆえに凡人には理解するのが難しい、禅僧の慈悲深さとは質を異にしています。


妙好人の面目

ある種究極のおひとよしのような印象を与えてしまう妙好人の逸話の数々は誤解を生みやすいのですが、妙好人はおとなしいだけの人ではありません。相手が僧であろうと、言うべきことは言うのです。

「妙好人を語る」の、妙好人田原のお園、から、

---------
「三州暮戸会所に於いて御使僧様(本山から派遣された説教僧)の説教が、あまりにも疑い晴れよ晴れよ(如来のお救いについて疑いを持つなかれということ)がきびしかったので、お園さんは両手を振りながら『曇らばくもれ、晴れたとて、晴れたとて花の浄土は見えやせまい(見ることはできないだろう)。みんなそこらじゃそこらじゃ』と囃し込んだら、御使僧はじめ参詣の同行一同びっくりしたという。よくもこれ程までに言った(批判した)ものだ」
---------

*「同行(どうぎょう)」とは浄土真宗聖典によると、
-- ともに念仏の教えを聞き行ずる人々。浄土真宗の信者は、心を同じくして道を行ずるものであるから同行という。--


同書の、妙好人讃岐の庄松、から

*ちなみに以下の話は、他人が近くにいないことを念入りに確かめた上で、庄松が住職に対して言ったことです。
---------
.....『ちょっとお待ち、日頃不審でならぬことがあって今晩来た。ほかでもない地獄極楽は本当にあるか聞かせてくれ』。住職『バカいうな。仏説にウソがあるか。お前のような同行が何をいうのじゃ』。庄松『それは本当か。確かな所を聞かせてくれ。どうも疑いが晴れぬ』。住職『仏の仰せに嘘があるものか。地獄極楽は確かにある』。そこで庄松『.......そこで毎々寺に来てみると寺の中には少しも仏法がない。ただ人に勧めるだけで、自分で信じてないものを信じるように教えているのは、ただ世渡りするためではないか。本当に知りもせぬことを、知っているように言っているだけではなかろうかと思われてならぬ。それでこうお尋ねするのじゃ。それでも本当に仏法はあるのか、地獄極楽はあるのか』と詰め寄った。住職は思いもよらぬところから詰め寄られ『庄松堪忍してくれ。よう意見してくれた。心改めて仏法に励むぞ』と懺悔した」
---------


同書の、同じく僧侶に対して意見した例、

---------
京都一条の浄教寺の脇谷覚行の話に、
..............................
この男が前を通ったので、呼び留め『先ほど背を流しながら何か言うていたが、土地の方言でちょっとわかりかねた。何と言ったのかはっきり言うてみよ』と言うと、その男は『あなたは法を痩せさせて、我が身を太らせているから言うたのじゃ。今日の説教などは一言もこのわしには徹しなんだ』と言ってくれた。この一言は胸へ五寸釘を打たれたようにこたえた。あとでその男の名を聞いたら庄松であった。
それより我が身に出離ということに励んで如来様のお心を知らせてもろうた。それからは庄松が京都へ来る時は自分の寺へつれて来て、仏法の相談をするのが楽しみになった。
............................
この世のことについては、この上なしのバカであったが、仏法となったらとても及ぶべきものでなかった」
---------

別にお代官に意見した話もあります。


妙好人の普遍性

柳宗悦は「妙好人論集」の中で、妙好人の普遍性に言及しています。

---------
基督教内にも、妙好人に類する人は定めてあるであろう。私の知っている範囲では、ブラザー・ローレンスの如きは妙好人といってよいであろう。彼は一介の料理人で一生を送った信者である。しかし、妙好人の物語は特に日本仏教の特色ある一面を示すものであって、これが正当に海外に紹介せられたら、世界の人々の注意を集めるに違いない。
---------

ここにあるブラザー・ローレンスとは下記のサイトで紹介されているBrother Lawrenceを指すと思われます。

http://www.christianitytoday.com/ch/131christians/innertravelers/brotherlawrence.html



鈴木大拙は、その著作「The Essence of Buddhism」の中で下記のサイト(上記「讃岐の庄松」のサイト)にあるように英文で庄松を紹介しています。(このサイトに4つある英文画像のうち左端2つは同じもののようです。)

http://www3.ocn.ne.jp/~h-kimm/syouma12.htm

このサイトの左から2つめの図の英文は、手元の書籍(法蔵館発行 鈴木大拙 The Essence of Buddhism)によると下記のように始まるはずです。

--  extraordinary act, but in terms of pure feeling everything that needs one's care has life, just as a child makes a living being out of a doll. In the same way,..............  --


ここに書いた妙好人の魅力や特質はほんの一部です。是非上述の本などを読んでみてください。


浄土真宗と妙好人

真宗について(自分より明らかに)詳しい人に聴いたのですが、不思議なことに浄土真宗の権威筋では妙好人を正しい他力の道からはずれた異端者とみなしているそうです。ネットでは下記の説明が見つかりました。

http://okwave.jp/qa/q4564321.html

わたしは、そういうこともあるのかなという程度に理解しています。


追記: 浄土真宗のお寺で開かれる法話を実際に聴く体験をしてから書こうと思っていましたが、そして毎月定期的にそうした法話(法座)が公開で開催されているという情報も見つかるのですが、都合が合わず、訪れる機会がなかなかやってこないので、聞法体験をしてみる前にこのブログを書きました。